雷雲と林とそよ風

「酢豚」のことを特別に思っている人って、たくさんいるのかな。昔の体験や固定観念とかそんなのが、「勘違い」が現してることとゴッチャになることも、あると思うんだよね。
ホームボタン

勢いでダンスする兄弟と花粉症

2ヶ月前までまったく存在を知らなかったが、小さい子のプールの為のオムツというものが売っていた。
都市部では、そのオムツ着用で入れる所と入れない所があるらしい。
おそらく、プールに入っている人から見れば、はみでないオムツでもおしっこなど含んでいるオムツで水に入られたら、いい気持ちはしない。
だが、子供の親だったら、入れてあげたいと思うし。
だけど、立場が逆だったらたいそういやだ。

よく晴れた週末の夜は窓から
深夜、寝付けないときに、DVDをはまって見てしまう。
先日見た映画は、エスターという米国作品だった。
主人公の、エスターは、ブライトだけれどかなり個性的な少女。
終わりには意外な結果が見れる。
これを見る経過で、終わり方が理解できる人がいるだろうか疑問なくらい予想外の真実。
まさに、ビクッとさせるのではなく、恐ろしくゾッとするような結末だった。
作品は、毎回の私の毎晩の時間を満足させてくれる。
毎回、いつもジントニックなんかの甘いお酒もお供しているので、体重が増えてしまうのが怖い。

熱中して自転車をこぐ彼と観光地

末端冷え性にかかってからは、いささかハードだけれど、結局冬が恋しい。
家の空気が乾燥しているからか、カラッとした香り、プラス、こたつの温かさ。
真冬の日差しって豪華な気になるし、一眼レフを持って、夕方の海も素敵。
季節感を出したかったら、一眼もいいけれど、トイで気持ちよく撮りまくる方がなかなか空気感のあるSHOTが見つかる。

蒸し暑い木曜の明け方に足を伸ばして
家の庭でハンモックに寝転がり、心地よい風に身をゆだねていた、休日の夕方の事。
空には美しい夕焼けが広がっていた。少年は、うちのネコが「シャギャァッ!」と叫ぶ声に驚いて、ハンモックから下に落ちてしまった。
まじまじと見てみると、ネコは蛇と睨み合い、すぐにでも飛びかかれる体勢で唸りながら恫喝していた。
ヘビはそれほど大きくは無く、毒も持っていないっぽかったので、少年はほうきでつついて追い払い、猫を抱きかかえてまたハンモックに横になった。少年は、ネコのおでこを撫ぜてやりつつお腹の上で寝かせ、気持ち良さそうに前足をしまう猫を見つめた。

陽気に踊る友人とわたし

いつも、至って大人しめのコーディネイトで出歩く私は、かなりビビられるけど。
コルセットや定期入れや時計まで揃っていて、ラインで使いたいと考えれば節約生活になりそうだ。
でも、jill stuartはやめられない。

夢中で歌う先生と季節はずれの雪
喜んでもらえるおくりものを決めなくてはと思っている。
結婚記念日が近くて、家内に喜んでもらえるおくりものを渡したいけれど、めちゃめちゃいいおくりものがうかばない。
嫁になんか手に入れたいものがあれば、話は早いが、あまり、欲しがるものが存在しないので、喜びそうなものが見当たらない。
しかし、妻に気づかれない様に喜ぶものを見つけて驚かせて喜ばせたい。

汗をたらして踊るあの子と濡れたTシャツ

いつも、マンションで一人で行えるような仕事して、繁忙期にお声があると派遣先に仕事に参加する。
そのひと月に何回が、まじで面倒くさく思えて仕方ない。
こんなに面倒なら辞めてしまおうかと。
声がかかれば張り切るけど、多くの人間にはさまれて、団体で仕事をこなすのは気疲れする。
なんて、友達に持ちかけると、気持ちは分かるよ、と言って、クスクス笑っていた。

どしゃ降りの大安の朝に友人と
少し時間に余裕が持てたので、TSUTAYAへ出かけた。
新しくウォークマンに挿入するミュージックを探し出すため。
近頃、しょっちゅう楽しんだ曲が西野カナさん。
だいたい聞いているのは洋楽。
ヨーロッパのアーティストの作品も魅力的だと思う。
ということで、今日はレンタルしたのはフレンチポップだ。
甘いヴォイスとフランス語の発音が良い感じだと思う。

悲しそうに体操する彼女と擦り切れたミサンガ

このごろ、長編小説を精読することはわずかになったが、昔に水滸伝の北方版に熱中していた。
昔に訳された水滸伝を軽く見た時は、取るに足りないと思い、没頭することはなかったが、水滸伝の北方版を読破したときは、はまって、読むのが止まらなかった。
仕事のなか休みや仕事が終わってからの食事中、湯船の中でも読んで、1日一冊ずつ読みふけっていた。
登場人物が人間くさく、男らしい登場人物がたいそう多数で、そういったところに熱中していた。

気どりながら歌うあの人と壊れた自動販売機
アンパンマンは、子供に人気の番組なのに、しかしたいそう暴力的に思う。
内容の終わりは、アンパンチといってぶん殴って終わりにすることがものすごく多いと感じる。
小さな子にもとても悪い影響だと私には思える。
ばいきんまんが、たいしていじわるをしていないときでも暴力で話を終わらせる。
アンパンマンは、ばいきんまんとかびるんるん達を目撃したら、やめろといいながらすぐにこぶしを突き出している。
わけを聞かない。
話をするわけでもない。
ただ、殴って解決するからいつになっても改善されず、毎回いっしょだ。
たぶん原作は攻撃的でないかもしれないけれど、アニメ向きにするためにそんなふうになっているのだろう。

お役立ちリンク&関連リンク


格安引越屋
お得に引越しする最善策は、無料の一括見積もりで価格比較することから始まる。ファミリーの引越でも、一番安いところを見極める。
薬剤師 病院 求人
薬剤師が転職しようと思っているなら、どのようにして調べるのでしょう?ウエブの転職・求人検索サービスなら、薬剤師に特化した転職・求人情報サービスがたくさんあります。
▲ Page Top

Copyright (C) 2015 雷雲と林とそよ風 All Rights Reserved.